フランスで外せない観光地と味わいたいグルメ!

せっかくフランスに行くのなら、観光は勿論、買い物やグルメなど、あれもこれも楽しみたいですよね。そこで、フランスに旅行する前に、抑えておくべきポイントを幾つかご紹介したいと思います。

絶対訪れましょう!定番の観光地

まず、3大観光名所からご紹介したいと思います。パリの象徴、エッフェル塔はパリに訪れるなら訪れておきたい観光名所です。

パリのあちこちから目にすることの出来るエッフェル塔は、1889年に行われた第4回パリ万国博覧会の為に建てられた鉄骨記念建造物です。

エッフェル塔の足元にはシャン・ドゥ・マルス公園が広がっており、エッフェル塔を真下から見ることが出来ます。インパクトの強い光景が楽しめます。

また、パリにあるエトワール凱旋門も外せない観光名所でしょう。エトワール凱旋門は、シャンゼリゼ通りの西端、シャルル・ド・ゴール広場に位置し、ナポレオンが「オーステルリッツの戦い」の戦勝記念碑として、パリに命じて造らせました。

そして、3大観光名所の最後の1つは、ルーヴル美術館になります。ルーヴル美術館はパリにあるフランスの国立美術館で、誰もが知っている「モナリザ」や「ミロのヴィーナス」がある、世界最大級の美術館です。

かなり大きな美術館の為、1日で全てを見て回る事は出来ないでしょう。

3大観光名所以外にも、ルイ14世が築いたベルサイユ宮殿、古き良きパリの光景が残るモンマルトルの丘、サクレ・クール寺院、ディズニー映画でお馴染みのノートルダムの鐘が見られるノートルダム大聖堂、フランス革命でルイ16世やマリー・アントワネットが処刑されたコンコルド広場など、フランスの歴史と共に巡りたい地が沢山あります。

やっぱりフランスで味わいたい本場のフランス料理

フランスに訪れるなら、本場のフランス料理を味わいたいものです。中でも、ワインが有名なブルゴーニュ地方の名物、エスカルゴは本場で味わいたい一品です。

パセリやバター、ニンニクで味付けしたものをオーブンで焼き、パンにソースを付けて頂きます。パリのあるイルドフランス地方では、貴族の伝統料理として栄えてきたジビエ料理が盛んです。

ブルターニュ地方では、そば粉のクレープ、ガレットが味わえます。りんごの発砲酒シードルとの相性もぴったりです。

新鮮な魚介類とトマト、サフランを一緒に煮込んだブイヤベースは、マルセイユの名物です。

数々の美味しいお料理を本場のフランスで味わうとともに、美味しいワインも一緒に頂きたいですよね。

フランスの2大産地といえば、ブルゴーニュとボルドーです。ロマネ・コンティを最高峰とするブルゴーニュ、ワインの女王とも言われるボルドーを筆頭に、ロワール、プロヴァンス、シャンパーニュ、アルザスなどの産地のワインがあり、その味わいも地方ごとに特色があります。

まとめ

観光でフランスに訪れるなら、歴史を紐解きながら観光地を巡ると非常に濃い時間を味わえますし、同時に美味しいグルメも豊富なので、外せない要素となってきます。

女性ならフランス初のハイブランドの本店巡りも楽しめます。フランスに訪れる際には、あれもこれも欲張りたくなるかもしれませんので、どうしても外したくないスポットを計画的に廻る事で、楽しい旅の思い出が作れます。