なぜフランスで「しらたき」が大ブームになったのか?

フランスでは今、日本のこんにゃくから出来ている「しらたき」が大ブーム!

ゼロカロリー食品としても有名な日本のしらたきや糸こんにゃくが、フランスの人たちの間では「ヘルシーヌードル」として親しまれています。

今回は、こんにゃく製品として知られるしらたきがなぜフランスでブームになったのかについて、お話をさせていただきます。

ブームになったきっかけは日本文化に触れるフランス人

フランスでこんにゃくから作られている日本独自の食品である「しらたき」や「糸こんにゃく」がブームとなっていますがなぜでしょうか。

フランスでは以前から日本文化に対する「憧れ」や「尊敬」といった念を抱く人が多く、日本文化に触れるフランス人の人たちから徐々に日本の食品であるしらたきや糸こんにゃくが広まった、とされています。

事実、フランスでは現在、首都であるパリ市内には数多くのラーメン、お好み焼き、焼き鳥、寿司、果ては日本式の中華料理に至るまで数多くの日本料理店が軒を連ねて営業を続けております。

日本文化のみならず日本人が普段食べている和食文化についても多くのフランス人の人たちが関心を持ってくれているようですね。

乾燥タイプが主流

現在、フランスで「ヘルシーヌードル」として高い人気を誇っている日本のしらたきや糸コンニャクですが、日本国内では圧倒的に通常の生のパック詰めされたしらたきや糸こんにゃくが主流となっています。

しかし、しらたきブームが起きているフランス国内においては、日本のしらたきや糸こんにゃくの販売形式としてよく見かける「水と一緒に専用の袋に詰めて売る」といった形式ではなく、日本では珍しい「乾燥しらたき」や「乾燥した糸こんにゃく」の製品が人気となっています。

これは、日本のこんにゃくから作られたしらたきや糸こんにゃくは日本人でも料理前に生のタイプの袋詰めの物は一度湯通ししたり湯がくなどして「臭み」を取りますが、フランスでは違います。

フランスでも一時期この日本の生タイプの袋詰めのしらたきや糸こんにゃくが販売されていたものの、やはりそのまま麺料理として食べるには独特のこんにゃく製品の臭みがあった事から、単純にお湯で茹でてそのままパスタやラーメンとして食べる事が出来る乾燥しらたきや乾燥した糸こんにゃくが、ポピュラーな製品となりました。

現在ブームとなっているフランスのしらたきはすべて乾燥タイプです。

まとめ

「フランスでブームのしらたき、糸こんにゃく」についてお話をさせていただきました。

臭みが理由で乾燥しらたきを使うところは、やはり外国の方らしさを感じさせますね。

これからも日本の文化がフランス人の人たちの間で親しまれるようになると、日本人としては嬉しいですね。