私のフランスに対するイメージを書こうと思う

フランスというのは、人によってイメージが違っていることが多いと思います。
私は実際にそうでした。

自分が思っているフランスと、友人が実際に行って住んだフランスは思っているよりも違くて驚きました。

私が思っていたフランスはオシャレの街!

とにかくオシャレというイメージがありました。
みんなオシャレで、コーディネートにお金をかけているイメージが何故かあったのです。
そして、みんなかっこいいのです。同性でも見ていて惚れ惚れしてしまうイメージです。

あと、町並みも凄くオシャレで綺麗なイメージです。

絵になりそうと言いますか、写真に撮ってしまいたくなるようなイメージです。

あとは、何故かみんなプライドが高くて仲良くなるのに難しいというイメージがありました。

実際に住んでいる友人が住んでみてのフランス

ここからは友人の話ですが、あくまで友人の印象となっています。友人は、パリの中心部に住んでいました。

ただ、住んでいたのは数年前までです。

まずオシャレについてですが、みんな自分のオシャレに自信を持っているという印象だったとの事です。

ただ、物凄くお金をかけているかというと、決してそういうわけではなく、少ないお金でというわけではないみたいですが、凄くかけているわけではないみたいでした。ただ、やはりかっこいいみたいです。

町並みに関しては、オシャレなところとそうでないところもあるみたいですが、よく考えたらそれは当たり前ですよね。

それでも、初めて行ったときは物珍しいかんじで、フランスに来たことがとても嬉しかったと言っていました。

ただ、これに関しても当たり前で、住んでいるうちに慣れてきて、いつもの風景になったみたいです。

ちなみに、綺麗かというと決してそういうわけではないんですね。びっくり!

友人曰く、自分が住んでいたところの話とのことですが、ゴミだって落ちていたし、特別綺麗なわけではない、日本にはもっと綺麗なところがたくさんあるとのことでした。

最後にプライドについてですが、これに関しては人によって本当に違うみたく、驚くほど気さくな人もいれば、信じられないくらいプライドが高い人もいて、引いてしまうくらいとのことでした。

友人曰く、どういうかんじの人の割合が多いというわけではなかったようです。

本当に面白いくらいバラバラで、それが本当に面白かったみたいです。

似たようなタイプの人があまりいないというのは凄いと思いました。偶然、友人の周りがそんなかんじだったのでしょうか。

世間が思っているフランスとは・・・

私のフランスに対するイメージと、友人が住んでみての感想は、結構開きがあることが分かりました。やはり、あくまでイメージなんだと自覚しました。