フランス料理の誕生と現代の人気の料理やお店を紹介

フランスと言えば、美味しいフランス料理が有名です。見た目も美しく盛り付けられている料理が多く、目で楽しめる料理でもあります。

そんなフランス料理はいつ頃に誕生し、どんな特徴などがあるかをご紹介します。

ナイフとフォークで食べるフランス料理の誕生秘話

フランス料理が誕生したのは、16世紀の気候が良いトスカーナ地方の料理にヒントをもらい、宮廷料理としてフランス王国の食事として出されました。

素材の旨味を引き出し、一段と美味しくするソースが独特で、オリジナリティ溢れる独創的な味のソースを生み出しました。

外交儀礼などにもこのフランス料理を出しては、正餐として相手の国との絆を深める為に出されることも多い料理でもあります。

オートキュイジーヌと呼ばれるものはリーズナブルに作っては出されます。郷土料理もあり、その地方の色を料理に表現した楽しい盛り付けも見物です。

中世時代では、大皿に食材をたっぷりと入れてテーブルの上に並べて手掴みで食べていました。

現在のフランス料理の元となるのが、カトリーヌ・ド・メディシスを中心にイタリア人の専属の料理人が生み出したものと言われています。

これにより、手掴みがナイフとフォークで上品に食べるスタイルに変わり、ブルボン王朝に大いに貢献しました。その後、ハブスブルク家にも伝わり、ドイツやロシアの宮廷にまでこのスタイルは広まることとなります。

市民にこのナイフとフォークを使ってのフランス料理を食べることが広がったのは、革命後に宮廷で働いていたお抱えシェフらが生活の為に街に出てはレストランを開き、そこでこの料理とその食べ方を広めました。

19世紀になると、カレームのグッフェやデュボワにより、更に改革を齎しました。

彼等は、より1皿を上品に食べれるように、また温かな料理を提供する為に、料理を1品ずつ出すことを提案しました。

ロシアで考案したこの方式は、後にフランスに逆輸入されることとになります。

近年は日本の懐石料理の美しさと繊細さを取り入れた、創作フランス料理を提供するレストランが人気。

味噌や醤油を取り入れたソースを作り出し、ヘルシーでコクのある味を提供しています。

日本の懐石料理に影響されたのが、MOFのボーキューズとロビションです。

フランスで人気の大衆食堂やスイーツ店をご紹介

そんなフランスで一般の市民に人気なお店がBouillon CHARTIER。大衆食堂のような感じで、大きなお皿に素敵にエスカルゴやカモのコンフィが盛り付けられた料理が美味しいと評判。

このシャルティエの営業時間は夜の22時迄と遅くまで開いているので、観光をした後でもゆったりと食事が出来るのが魅力的です。

予約も必要もないので、お腹が空いたらパッと席についてパッと食べれちゃう。

いつも混んでいますが、15時から17時頃が比較的空いています。このシャルティエはメニューも多く、日替わりで変わるところも人気です。

カラフルでスイーティなマカロンが買えるラデュレは人気のシャンゼリゼ通りにあります。

1個からマカロンをテイクアウト出来ますし、ディナーも食べれるお店と人気です。ボナバルト店もあり、こちらはソファーがあるので、そこでお菓子を頂けます。

混んでいたらロワイヤル店に行ってみるといいですよ。

もっと手軽なテイクアウトなものが食べたい時には、オペラ通りに店があるポールがお勧め。ランチタイムにはクロワッサンやエクレア、バケットサンドが並びます。

このバケットサンドは濃厚なチーズに生ハムがサンドしてあり、公園のベンチに座りながら片手でパクリと食べれます。

オペラ座で舞台を楽しんだら、その前にあるカフェド ラ ペでコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか。

舞台の余韻を忘れずに、オペラ座を眺めながらのコーヒーは格別です。

まとめ

フランス料理はいまや国を代表する料理となりました。

世界中の人々が1度は本場で食べてみたいと思うほど、美味しい料理が多いですね。

お店の雰囲気もレトロ感満載でおしゃれ。高級レストランから大衆食堂のようなお店まで色々あるのも面白いところ。

フランスに行ったら、色々なお店を巡るのも楽しいものです。